にゃん太のブログ

借金地獄の体験談や任意整理の経験談、レビューを書くブログ

スポンサードリンク

おすすめの複業3つ

おすすめの複業

複業をはじめたいけど、どんなものが良いのかわからない。

そんな人のために、おすすめの複業を3つご紹介します。

 

 

【スポンサーリンク】

 

おすすめの複業・WEBサイト運営

本業にプラスして副収入を得る方法として、WEBサイト運営がおすすめです。複業としてなぜよいのかというと運営をするのに慣れてくればそれほど手間がかからないことです。


WEBサイト運営のやり方としてはブログやホームページを開設して、そこに広告を張り付けるアフィリエイトによって収入を得るやり方や、手作りのものを出品したり実際に何かを仕入れて販売するネットショップなどの方法があります。


本格的に稼ぎたいと思うのであればネットショップなどを運営してもいいのですが、複業として考えると忙しくなりすぎてしまう可能性もあります。

その分収入は増えると思いますが、ネットショップを運営していくのなら一人で仕入れと発送をしなければならなくなるので時間的余裕がなくなることも考えられるからです。


手作りのものを出品するやり方は、趣味を生かすことができるので、のんびりと自分のペースで楽しみながら収入を得ることができます。

出品するものが自分次第なので安定した収入にはならないかもしれませんが、趣味を生貸すことができるメリットがあります。


アフィリエイトは誰でもできる簡単な方法なのですが、まとまった収入を得ることができるようになるまでは、ある程度の時間がかかってしまうのがデメリットといえるでしょう。

 

ただリスクもほとんどなく簡単にできるので、始めるのが非常に簡単だというメリットがあります。ブログやホームページを定期的に更新できる人におすすめです。

 

おすすめの複業・資産運用

近年は銀行などにお金を預けていても利息がほとんどつかない時代です。

預金として眠らせておくのはもったいないので、上手に資産運用をしていくことができれば、本業以外の収入を得ることができます。


上手に資産運用をしていけば、働かなくても収入を得ることができる複業にもすることができ、老後などの年金代わりに使うこともできます。


ただしプラスだけでなくマイナスになってしまうこともあるので、リスクについてはきちんと把握して無理のない範囲で行うことが大切です。


主な資産運用のやり方は、株式やFXなどの証券取引や不動産投資、最近では仮想通貨も投資の対象として注目を集めています。


複業として考えるのであれば、不動産投資がおすすめです。

株式やFX、仮想通貨などはリアルタイムで値動きがあるので、本業でしっかりと働いている場合は細かくチェックをすることができないからです。

 

特に株式は市場が開いている時間が一般的なサラリーマンが働いている時間と同じなのでリアルタイムの取引が難しいといった側面があります。


不動産投資ならば、リアルタイムで決断しなければならないといったことも少なく、家賃収入によって働かなくても収入を得ることができるので、サラリーマンなどの複業のとしておすすめといえます。


もちろん不動産投資も空き家問題などいろいろとリスクはありますが、たとえ物件の値段が下がってしまっても物が残るので最低限の資産を残すことができるのでおすすめです。

 

おすすめの複業・自分のスキル(クラウドワークス)

自分のスキルを活かした複業をしたいのであれば、クラウドワークスをやってみるのがおすすめです。

クラウドワークスというのはインターネット上で様々な仕事の依頼を受けて、それを完了させて納品することでお金が発生する仕組みです。


例えば文章を書くのが得意な人は、ライティングといってテーマに沿った文章を書きそれを納品することでお金をもらうことができる仕事があったり、プログラムなどが得意なら、アプリを造ったりプログラムを組む仕事などがあります。


その他にもイラストを描いたり、ある商品のキャッチコピーを考えたりと様々なジャンルの仕事があるので、空いている時間を有効に利用することができるといったメリットがあります。


依頼先との仕事の量の関係などもあるので、いきなり本業にするのは難しいかもしれませんが、複業として行ってみるとスキルアップなどにもつながり、さらに収入を得ることができます。


無料で登録をすることができるクラウドワークスのサイトがあるので登録してみてはどうでしょうか。

 

特にノルマなどもなく気軽にできるのも特徴で、空いている時間でお小遣い稼ぎなどにも利用することができます。


特別なスキルがなかったとしても応募することができるデータ入力といった仕事もあるので、自分のスキルを活かしたい人やさらなるスキルアップを目指している人、そして何もスキルはないけれど何かやりたいといっただれでもできる仕事なのでおすすめです。

【スポンサーリンク】

 

スポンサードリンク