にゃん太のブログ

借金地獄の体験談や任意整理の経験談、レビューを書くブログ

スポンサードリンク

BLEACH作者が連載を続けられたのは、余命1年半少年からの手紙だった

BLEACH作者が連載を続けられたのは、余命1年半少年からの手紙だったことを告白。

 

2001年36・37合併号~2016年38号まで「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて連載されていた漫画「BLEACH」で知られる漫画家の久保帯人氏(40)。

 

人気漫画の作者である久保帯人氏を支えた、ファンレターを出したという差出人と連絡がついたことがツイッターで報告され話題となっている。

 

BLEACH作者が連載を続けられたのは、余命1年半少年からの手紙だった

昨年11月に自身のツイッターアカウントで、手元に届いた名前も住所も記されていない11通のファンレターについて漫画で綴り話題となっていた。

 

ツイッターにアップされた漫画には、余命1年半と宣告された入院中の少年からのファンレターが届いたという。

 

そのツイッターの内容というのは、余命1年半と宣告され未来への希望を失っていたそうだ。

 

しかし、その少年は「BLEACH」と出会い、自身が生きる力を漫画「BLEACH」が与えてくれたといった思いが綴られていたファンレターが届いたという。

 

当時連載に行き詰っていた

久保帯人氏はそのファンレターが届いた当時、自身の体を壊し休載が続き、精神的にまいっていた。

 

そんな中、「BLEACH」が生きる力を与えてくれたといった手紙に励まされたそうだ。 「僕が亡くなったらこの手紙を送ってと頼んだ」 と、届いたファンレターに記されていたことが明かされ、すでに少年は亡くなっているかもしれない。

 

久保帯人氏は、この手紙の主にお礼を言いたいと差出人を捜し出すことを決意し、昨年11月にツイッターアカウントを作りファンにも情報提供などの協力を呼びかけていた。

 

差出人判明

今月13日、約11カ月ぶりに自身のツイッターを更新した久保帯人氏は、 「11月初旬、twitterでの呼びかけから1年、手紙の差出人の方と連絡がつきました。」

「僕はてっきり、差出人はご家族の方だと思っていたのですが、少年と同じ病院に入院していた友人の方でした。

 

頂いた連絡で詳しいいきさつを伺い、愁眉を開く思いがしました」 と、ファンに報告した。

 

手紙の差出人は少年の家族と想像していた久保帯人氏。

少年と同じ病院に入院していた友人の方ということだったことに愁眉を開く思いとコメント。 連絡で詳しいいきさつを伺い一安心できたようだ。

 

BLEACH作者のツイッター

少年からのファンレターの差出人を探すための開設された久保帯人氏のツイッター。

その目的を果たしたことで閉じることをツイッターで発表。

 

お知らせ②とファンの方へツイートされ、今回の件では、多くの方々に情報拡散のご協力をいただき、このような形で決着を見ることができました。

これをもちまして、投稿フォームも閉じさせて頂こうと思います。

ご協力を頂いた皆様、本当にありがとうございました。 とコメント。

 

コスプレや近状などを楽しく綴っていた久保帯人氏のツイートの再開を楽しみに待ちたい。

スポンサードリンク